観光地だけど嫌いじゃない町、クスコ

どーも!急にお腹を下して昨晩なかなか寝付けなかったmanaです。なんでおんなじ物食べてるのに私だけ??謎。
Continue Reading

アメリカレンタカー旅1日目!(LA・ベガス・セリングマン)

ちょっと前までユダヤづいてたと思ったら、最近はなんだか宇宙づいてるyuです。

南米の旅は、宇宙人の存在と向き合う旅になりそう。

さてブログはLA編。
Continue Reading

歴史を知る、感じることの大切さ。

どーも!最近、寒さに弱くて歳を感じているmanaです。はぁ、若さが欲しい。

さて、そろそろひとり旅も終盤になってきました。クロアチアの次はボスニア・ヘルツェゴビナです。
Continue Reading

ベオグラードが素敵な理由

2017.8.7.

旅する→調べる→消化する→ブログ書く、の流れが滞ってて消化不良を起こしているyuです。旅&ブログ、頑張ります。
Continue Reading

アルバニア、鎖国してたわけじゃないんだ。

2017.7.13

ゲストハウスのドミトリー、2段ベッドの俺の下のベッドで男女がイチャイチャし始めてもうどうしてやろうかとイライラしているyuです。音を立てるな、音を。

さて、ブログブログ。
Continue Reading

“オーストラリア・デー”って、何の日だと思う?

By yu

1月26日はオーストラリア・デー!国民の祝日!

ググってみると、花火やら野外バーやらナイトシネマやらたらふく出てくる盛大そうなイベント。と同時に、なんだか気になる情報も。

オーストラリア・デーに制定されている今日は、イギリスからの独立記念日とかではなく、一番最初にイギリス人がオーストラリアに上陸した日、なんだってさ。つまりは、白人による侵略が始まった日。

“invasion day”
“it’s joke”

ちょっとだけ昔の話。

アボリジニのお話。

今から230年くらい前に白人が初めてオーストラリアに上陸。そこに4~5万年前から住んでいたアボリジニたちは、白人が持ってきた病気で亡くなったり、トレジャーハンティングだっていって遊び半分で命を奪われたりして激減、人として扱われなかった。1900年台前半になっても、アボリジニの社会への影響を薄めようと試行錯誤がされてて「お前たちは子供をちゃんと育てられないだろうから、子供は白人が育てるよ」って言われて親子が引き離されたりしてた。そして2008年に「今まですんませんでした」って大統領がざっくりと謝罪して、今は国から生活すべてを賄える助成金をもらって暮らしてる。

助成金をもらってるって言ったら聞こえは良いけど、結局は社会に参加できないまま、けど生きていけるお金はあるって状態だから、要は社会全体から見て見ぬ振りされてる。何より、金で解決する話かっていう。

ちなみに、”アボリジニ”は差別用語で、こっちでは”アボリジナルピーポー”って言う。

オーストラリア デー ワーホリ パース

ネットだけでは信じられないタチなのでロバートに聞いてみたら

“Yeah! It’s invasion day! hahaha-!!”

ってあっけらかんと笑 ”そんなこと言うか・・・”っていう絶妙な顔をしていたのがバレたのか、

“けどこの話は相当難しいよ。フレマントルはこの日を祝うのを止めたくらいだし。”と。

オーストラリア デー ワーホリ パース

仙台と長町
新宿と渋谷
横浜とみなとみらい
烏帽子と澄川

このくらいの距離感で、国の名前がついた祝日を祝うかどうかが違うって。英断をしたフレマントルによると、多様性だからこそのオーストラリアなのでということで、複雑な背景があるこの日のお祝いはしなくしたらしい。

ちょっとだけ脱線。

ハラールスナックパックのお話。

去年、”Halal Snack Pack”っていうケバブ肉をふんだんに使った食べ物がオーストラリアで人気を博してた。ある州の議会の昼飯にみんなでそれを食べようよって話になった時に、一人の議員さんが大反対。理由は『ハラールを食べるなんて、ムスリムコミュニティに投資していることになるから嫌』『私だけじゃなくて、98%のオーストラリアンがきっとそう言うわ』とのこと。これでさらに話題になったHSP、オーストラリア各地でバカ売れし、Word of 2016入り。

「こんな美味いの初めて食べたし、誰も人種とか宗教なんて気にしてないでしょ」って、辞書にHSPを入れなきゃいけなくなった辞書編者(白人)が初めて食べた感想を爽やかに語ってた。

オーストラリア デー ワーホリ パース

“意外と人種差別とか白人主義がある国だ”
“白人の国だ”

ってネットにはよく書かれているオーストラリア。半年だけパースに住んでみて、たまにそれを感じる瞬間に出会ったりはするけれども、そんな国ではないと俺は思ってる。差別とか区別とかをしたがる人の割合は、日本よりは少ないんではないかと。政治的に見たら、移民の人たちって選挙権ないじゃんって話ももちろんあるんだけどさ。

で、そんなオーストラリア・デーを実際みんながどんな風なのか興味があったから祝う方のシティに出かけることに。

オーストラリア デー ワーホリ パース

オーストラリア デー ワーホリ パース

オーストラリア デー ワーホリ パース

シティのすぐ近くの川沿いの公園にいつもの30倍くらいの人が集まって、皆なんだか楽しそうにのんびりしてた。テント張ったり、シート敷いたりして。白人も黒人も黄色人種もいて、英語もフランス語も中国語も韓国語も日本語もアボリジニ語も、あとはきっとアフリカ系の言語も聞こえた。たまーにだけど、アボリジニの旗の描いてあるTシャツ着てる人もいた。やっぱり、そんなに白人主義の国じゃないと思うんだよね、オーストラリア。

なんかホッとして、お祝いの花火待ち。

オーストラリア デー ワーホリ パース

オーストラリア デー ワーホリ パース

しかし、待てど暮らせど上がらなかった花火。

オーストラリア デー ワーホリ パース

オーストラリア デー ワーホリ パース

オーストラリア デー ワーホリ パース

“ハングドラムにじっと聞き入る青年”

キタさんにタジキスタンで教えてもらったカメラ知識を思い出しながら、露出をいじってみたりシャッタースピードをいじってみたりして遊びながら時間をひたすら待つ。

結果、予定時間を1時間過ぎても花火見られず。

きっと俺らが座ってたところが悪くって見えなかっただけなんだろうな〜って、帰って花火の打ち上げ動画を調べてみたら、なんとこの日を祝うためにパフォーマンス飛行をしていたセスナが墜ちちゃって、花火中止になっちゃったみたい。

オーストラリア デー ワーホリ パース

“毎回満席で回り続けるメリーゴーラウンド”

花火が中止になったのは、祝い始めて以来初だったんだってさ。結果、オーストラリア・デーはなんとも複雑な日になってしまいましたとさ。

今回はちょっと長かったねって思ったらクリックしてねϵ( ‘Θ’ )϶


←これ押してRSS登録してもらうと、このブログの更新情報が届きます!