ペイガニズムという信仰を知った日

ども!

改めて自分の音楽ライブラリーを聴き漁ってるyuです。過去の自分、ありがとう!

ペイガニズム,信仰,自然,民族,アミニズム,神話,宗教,世界一周,夫婦,旅,ブログ

さて、前日レインボーマウンテンまで乗っけてくれたイタリア人カップル、

その彼氏ステファンの右腕に入ってたタトゥーから始まった難しいお話。

ペイガニズム,信仰,自然,民族,アミニズム,神話,宗教,世界一周,夫婦,旅,ブログ

『Paganismのシンボルなんだ』って。

ぱがにずむ??

『少数民族の自然信仰だよ』
『このシンボルはドイツの田舎の方のもの』
『俺はこの信仰が好きなんだ』
『魔女とかもpaganismだよ』
『クリスマスツリーって、元々はPaganismの文化なんだ』

ペイガニズム,信仰,自然,民族,アミニズム,神話,宗教,世界一周,夫婦,旅,ブログ

わからないので、教えてもらったあとに色々調べてた感じ、

“ペイガニズム”は自然崇拝や多神教の信仰の総称。
神話に出てくる神様を祀ったり、土着主義・民族主義が強かったりして、「一神教以外の宗教」を指す差別用語でもあったりもする。

けど最近ではこの自然信仰の再興がオーストラリアでもアメリカでもヨーロッパでも起きてる。

(間違ってたらごめんなさい)

「宗教はあるけど、信仰してないよ」
「宗教は侵略・洗脳・金儲けの道具」
「なんで私に洗礼受けさせたのよ!」

とかとか、宗教に対して懐疑的な人によく会ってるから、言われてみれば当然なのかも。

ペイガニズム,信仰,自然,民族,アミニズム,神話,宗教,世界一周,夫婦,旅,ブログ

ちなみにクリスマスツリーの由来は↓(wiki)

クリスマスツリーはキリストとはおよそ無関係である。原型は北欧に住んでいた古代ゲルマン民族の「ユール」という冬至の祭で使われていた樫の木である。冬でも葉を枯らさずにいる樫は生命の象徴とされていた。このドイツの民をキリスト教に改宗させる試みがなされたが、樹木信仰が根強かったので、樫を樅(モミ)に変えることでキリスト教化した。樅の木は横から見ると三角形で「三位一体」を表していると教えた。父なる神が頂点で、子と精霊が底辺の両端に位置する。そして、1419年にドイツのフライブルクで、パン職人の信心会が聖霊救貧院にツリーを飾った。この記録が、クリスマスツリーをクリスマスに飾る行為の最初とされている。

だそうです。

サンタはサタンだって話とか、もう調べ始めたらキリがない世界が広がってた・・・笑

ペイガニズム,信仰,自然,民族,アミニズム,神話,宗教,世界一周,夫婦,ペイガニズム,信仰,自然,民族,アミニズム,神話,宗教,世界一周,夫婦,旅,ブログ旅,ブログ

シルビアとスティファンは本当に自然が好きで、

イタリアでは山に近い田舎の広大な土地に家を持って、放牧とか農業とかしながら暮らしてるんだって。

2人がペイガニズムを信仰するの、わかる。

ペイガニズム,信仰,自然,民族,アミニズム,神話,宗教,世界一周,夫婦,ペイガニズム,信仰,自然,民族,アミニズム,神話,宗教,世界一周,夫婦,旅,ブログ旅,ブログ

俺らも同じ自然好きだからなのか、

日本人的哲学も一種のアニミズムで、ペイガニズムに近いからなのか、

ヒッチハイクでの出会いだったけど、距離が縮まるのに全然時間がかからなかった。

ペイガニズム,信仰,自然,民族,アミニズム,神話,宗教,世界一周,夫婦,旅,ブログ

「この山も神が作ったのかね?」って、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です