これぞ旅人の聖地カオサン、バンコク

2015.12.14. by yu

嫁が大事な友人の結婚式への出席のため一時帰国中、だいたい一週間後にミャンマー合流するまで時間を持て余しているyuです。

ちなみに日本はやっぱりwifi難民に陥りやすい国のようですね。

バンコクに何度も来すぎて暇を持て余しているのですが、No planな旅ってやっぱり不意の面白い出来事が起こる確率が増えますね。都会過ぎて飽き飽きし始めていたバンコクですが、ここはやっぱり色んな人との出会いの魅力に満ちてますね。予定を持たずに流れに身をまかせるって、面白い。

だいたいここ2日間で起きたこと。

  • “bike for dad”なるイベントで市街地交通が麻痺
  • 東南アジアのプロサッカーチームへの就活でタイに来た日本人との出会い
  • ドミで夜中にドイツ人女性がベッドに潜り込んで来て・・・
  • 酷暑の中、ローカルバスに続けざまに3度も無視された
  • 道端でミサンガを編んでいたら『俺にも作ってくれ』風なタイ語を言われた
  • 宿でラスタに思いを馳せていたらドイツ人男性と二人で夕陽を見に行くことに

とりあえず言いたいのは、バンコクに来てなんの予定も持たずにドミ泊まって街をぐだぐだ歩いていれば沢山の面白いことがおきるって事!

旅っていいね。

改めてこの人は偉大ですということで生前に撮られてるMV“Is this love?”

小さい頃のナオミキャンベルが登場しているらしいよ。

って話は置いといて、夕陽の後にゲストハウスが一緒で飲みに行ったドイツ人、チリ人、コロンビア人、オーストラリア人の話を。

German男性がフードセラピスト?そんな職業ある?ヒアリング力不足でよくわかんないけど、屋台で見るもの全部興味深々で未体験のものをひたすら食す。食うのが仕事なんじゃないのかっていうくらい食す。

アジアフードを毛嫌いする西洋人が多い中見てて気持ち良かった。

Chilianの女性はドクターやってるみたいなんだけど、タバコと酒すっごい好き。そんでもって飲みながら”西洋医術って病気になって以後にだけ着目して、injectionして終わりじゃない?なくない?東洋医術がCoolよね”と。

激しく同意します。きっとインドでまた会う事でしょう。

Colombianはたぶん学生なんだけど、飲みに行く前に寺に参拝に行きたいということ。”夜に寺かよ。hahaha~”ってみんなに茶化されながらも。真面目なんだな〜と思ってたけど、カオサンでのはしゃぎっぷりも半端じゃない。

何事にも全力なのね。

Australianは何やってるのか聞きそびれたけど、スキーが大好きらしい。そして彼、今日から1週間日本に行くということで色々cool spotを教えといた。一週間だからニセコまでは行けないと思うけど。。

とにかくもっと英語力が欲しい!

もっとみんなと喋りたかった。こんな思いしないためにもっともっと鍛えます。英語力がつくかつかないかは、メンタルの問題だってみんなからアドバイスももらったので。

ドイツ人と見た夕陽

ワットアルンの対岸の公園から眺めた夕陽。綺麗だったよ。そして彼が「俺の名前を日本語で書いてくれよ!各国の文字で書いてもらってるんだ!」っていうので命名してあげました。

漢字選ぶの、むずいな!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界一周ぶろぐ村へ。

いつもクリックありがとう!!

ブログを応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です