NAM PHUONG BUS

この距離をバス移動。一人20ドル。
都合、ハノイからサイゴンまで、一人34ドルで縦断。

宿の前にベンツのエンブレムのついたバンが来てピックアップ、
大型バスに乗り換え。18:05にホイアンを発車。

前回も同じベトナム国内のsleeping busだったこともあり、
ちょっとrelaxムードで乗り込む。

ん?なんかバス違う感じ?
トイレどこにあんの?
ない?
あぁ、ないのね。
衝撃のトイレなし24時間。
まじか…と思っていると同時に日本語の歌が車内に流れ始める。
Gackt。
まじか。
歌い出す運転手。
なんか、もうなんとかなると思えた。
ありがとう、運転手。

スタートしてからというもの路線バスのごとく、
ことあるごとに道端に立っている人を拾う拾う。

お、またかこれで何人目…と思うと保安官。
ちょうど座っていた席から見えたので観察していると、
なにやら積荷を懐中電灯で照らされチェックされてとる。
なるほど真面目な検問ね、世の中物騒ですからね、
と周りを見渡すも他はみんな素通り。
はてな?と思い視線を戻すと渡される札束。
収賄はベトナムの日常、百聞は一見に如かず。

やっとおさまり就寝。

ふとバスが止まり起こされる。
05:20くらい。
どうやら、ここはニャチャン。
そして、次のバスは08:00初らしい。
ニャチャンで2時間半ほど過ごすことに。

満足に過ごし、定時通りにバス会社にたどり着く。
定時に着いたのに何故か遅いと怒鳴られるAM07:45。
このおっちゃん、
allen toussaintのLife,Love And Faithのジャケットの如く渋い。
逆らわないことにした。

大人しく、別のスリーピングバスへ。

昼のバス移動は始めて。

ニャチャンを出て間もなく、明らかに気候が変わる。
世界のバスの車窓から

世界のバスの車窓から2

壮大な景色を目の前に、caravanを聴く。
アマゾン?みたいな、大自然。
そこで農業しとる。

ベトナムに砂漠?
今度は砂漠?

ベトナムの知らない景色、昼のバス移動も良いもんだね。

水牛が道に出てくる。
列車が走ってる。
人がいる度また止まっては拾う。
相変わらず、地元の方の移動手段でもある。

その後、この旅初めてのスコール。
そう、ここまでは、スコールがないベトナムにいたんです。

まるで、100円珈琲のないコンビニ。
まるで、ゴリラのいない動物園。
まるで、こち亀の載っていないジャンプ。
まるで、ユミさんのいない陳麻家。
まるで、……
確かにソレなんだけど、
ソレたらしめるものがもの足りてなかった感。
超土砂降りを見ながら、ちょっとほっこりした。

雨が止む頃超高層ビルが見え始め、
サイゴンに到着。

10/13の17:05にホイアンを出て、
10/14の19:00くらいにサイゴンのファングーラオに着いた。

終日バス
総じて良かった
この移動

字余り

移動手段の比較表はこちら

わたくしどもは、ブログランキングに参加しております。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

別窓で開いてしまってちょっと面倒かもしれませんが、
なにとぞ、あなたの清き一票を本日も是非、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です