ベトナムの歴史、戦争

なにげなくハノイの街を歩いていると、

やたらと目につく10/10を祝おうとする看板や装飾。

ベトナム,歴史,戦争,独立,世界一周,旅,ブログ,夫婦

街中の至るところに、カラフルなこんな飾り付け。夜は光る!

それがなんなのか調べたくって寄ったSU cafe(居心地&wifi◎)で調べた結果、北ベトナムの独立の周年祭の模様。

第一次インドシナ戦争でフランス連合にベトナムが勝利、北緯17度線以北の北ベトナムがベトナム共和国として独立を勝ち取ったのが1954年。

世界大戦後、世界各地で起こったという、植民地脱却や民族独立の流れの中のひとつ。

ここまでは。

そこから、南北ベトナムの争いに、ソ連アメリカが介入していって共産主義対資本主義の戦いにもなっちゃう。

主義の戦い、枯葉材、ケネディ暗殺。

かなり歴史の新しい、問題だらけの戦争だよね。

(このページわかりやすいです。)

ちゃんと知らなかったけど、現地に来ると教科書に載ってたことが身近になって、やっとちゃんと理解できることってある。

この背景があるから、おじいちゃんたちがフランス語を話せたり、フランスパンに野菜挟んで食べるバインミーが名物だったりする。

日本が征服してた時代もあるから、ホーチミンの方は、年召した方が日本語を話せたりする。

ロシアの後ろ盾のあった名残で、ウォッカを飲む習慣もあったりする。

歴史もちゃんと勉強しながら周らないと、世界は広がっていかないなぁって思いました。

ということは、

歴史を知れば、世界は広がってく…!!

“ベトナムの歴史、戦争” への2件の返信

  1. hamakihito

    歴史超大事。インドでめっちゃ思った。日本との関係性とかも知ってるとすごくおもしろいよ−。ちないにタブの二番目ROOT(平方根)になってるけど、わざと?routeじゃないの?笑

    返信
    • spike1986 投稿者

      うん、早速直した!笑
      歴史大事だよな、英語含めもっと勉強していきます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です