オーストラリアにあるシンガポール人オーナーの回転寿司屋で働いてみてる



By yu

2016年8月末から働き始めてだいたい4ヶ月。俺の仕事は、回転寿司のレールの内側に立って、お客さんの目の前で寿司を握ること!

シンガポール人マネージャーと韓国人シェフに教わって、最近ではもうだいぶ小慣れた感じで寿司を握る日々。日本の回転寿司とはちょっと違って基本みんなレールの上にのってる寿司を食べるから、俺は毎日決められた数の寿司を握っては載せ握っては載せ、混み合って来たらあぶりサーモンとかの変わりダネを作る。常連さんも多くて、どの人がどの寿司ネタが好きかもだいたい把握してきて、楽しみながら毎日120貫くらい握ってる。

せっかくなので、人気の寿司ネタをご紹介!

オーストラリア ワーホリ パース 回転寿司

“Summer Roll”
そう、オーストラリアは今からまさに夏!キウイとマンゴーの載った裏巻き。巻かれているのはエ・ビ・フ・ラ・イ。

こっちのキッズはみんなこれを見て、『Hey!Look! Sushi! Sushi-!!! Yummy—-!』って叫んでる。彼らにいつか、本当の寿司を教えてあげたいと思うのは俺だけなんだろうか。

もちろん、日本的なものもあるよ。

オーストラリア ワーホリ パース 回転寿司

“Aburi Salmon”
サーモンの炙り、を早口で英語っぽく言うとSalmon Aburiになる。

毎日何かしらのトラブルがあって飽きない職場なんだけど、ある日行ってみたらスタッフが一人辞めてた。昼も夜も基本3人で回してるから結構な穴なんだけど、補充はしないらしい。オーストラリア全体の不景気のあおりを受けて、コストを削りたかったオーナーにとってはもう絶好の機会だったみたいで。

彼が辞めちゃった原因は、怠惰すぎるマレーシア人。

彼は日本人としてはなかなか理解に苦しむタイプで、自分の面倒な仕事はやらないし、やる仕事も全てが雑で誰かのフォローが必要な感じ。悪いと思っても素直に謝れない。お前はインド人か。

オーストラリア ワーホリ パース 回転寿司

“Kani Roll”
カニカマとキュウリを裏巻きにして、外側にカニクリームを塗って、そのクリームを炙り、仕上げにマヨネーズ!

とあるベトナム人がオーストラリアのことを、”マネーツリーがそこら中に生えてる国”って言ってたけど、その木になる実が目的でアジア人が集まってるのがここ、ピンクライス。

コミュニケーションは仕事のための最小限だけで、自分の最小限やらなきゃって言われてること以外はノータッチ!やることやってれば2週にいっぺん給料が出るからね。ということなもんで、接客も元気なし。

そんな回転寿司屋(寿司ネタも含めて)想像できる???

オーストラリア ワーホリ パース 回転寿司

“Unagi & Abocado”
その日に多めにある揚げ物を中に巻いて、外側にアボカドと鰻を載せ、照り焼きソースをかけて出来上がり。葉っぱも添えたり添えなかったり。

日本人としては、日本食提供してるレストランがこんな風(サービスレベルが低い&味がひどい)なままなのは納得しかないので、ちょっと変えてみようかなということでプランを考えた。

ひとまず、みんなのことをもっと知らないと文字通り話にならないので、そこから始めて見ることに。寿司を握ってレーンに載せてれば給料の出る俺の仕事ではないんだけど、コミュニケーションしようと奮闘すれば英語力も鍛えられるしね!

色々書いてるけど、基本的には毎日楽しんで働いてるよ!

後編に続く。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界一周ぶろぐ村へ。

いつもクリックありがとう!!

ブログを応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です