元ストリートチルドレン?皆んなの目は輝いていた

2016.4.11 bymana

今日はyuの友人であるレイナさんの紹介でNGO団体を見学させて頂ける事に!

ところで、皆さんバングラデシュの『識字率』って知ってますか?

実は15歳以上の人でも約3割の人が文字の読み書きが出来ないのが現状なんです。そもそも義務教育が小学1〜5年生となっており、入学後も様々な理由で就学出来なくなるケースが少なくないんだとか(´・_・`)

そんな教育や貧困に目を向け、活動している団体がバングラデシュにはあるんです。それが『エクマットラ』。

ここはストリートチルドレン向けに青空教室を行ったり、シェルターホームを建設したり、富裕層への啓蒙活動を行ったりしている団体です。

今回私達はシェルターホームにお邪魔させてもらいました。
ストリートチルドレン エクマットラ バングラデシュ 世界一周 旅 ブログ
今日はHPリニューアル用の写真撮影会。恥ずかしがりながらもハニカム少女達♡かわいかったー‼︎
ストリートチルドレン エクマットラ バングラデシュ 世界一周 旅 ブログ
ここでは40名の子供達が一緒に生活をしているそう。今年、初めて大学受験に挑むコ達も出てきたみたい。スゴい。

皆に夢は?と聞くと、あるコは【先生】に。あるコは【警察官】に。あるコは【看護師】に。
うん、うん。
きっと以前の環境では考えられなかった『夢を持つという事』。子供達の未来の可能性を広げてあげるってこうゆう事なんだな。改めて教育の重要性を意識させられた瞬間だった。
ストリートチルドレン エクマットラ バングラデシュ 世界一周 旅 ブログ
施設の運営は基本的に寄付によってまかなわれている。そのため、少しでも足しになるようにと子供達もミサンガやデコペンの作成販売を行っているんだそう。
ストリートチルドレン エクマットラ バングラデシュ 世界一周 旅 ブログ
ストリートチルドレン エクマットラ バングラデシュ 世界一周 旅 ブログ
作っている時の表情は真剣そのもの。私達も少しだけ手伝わせて頂きました。ほんとーにちょっとだけ。
ストリートチルドレン エクマットラ バングラデシュ 世界一周 旅 ブログ
それ以外は踊ったり、アルプス一万尺をやったり、あっち向いてほいをやったり、皆無邪気で楽しそう♡男のコはもちろんサッカーやクリケットも♪
ストリートチルドレン エクマットラ バングラデシュ 世界一周 旅 ブログ
ストリートチルドレン エクマットラ バングラデシュ 世界一周 旅 ブログ
このコ達が数日、数ヶ月、数年前までストリートチルドレンだったなんて本当に信じられない。
最貧国の1つと言われるバングラデシュ。この国の発展の為には、このコ達の存在がすごく大事。今まで見えなかった事、知らなかった事を知る術(スベ)を学んだ。これからはそれを発信していく技(スキル)を身につけ、自国に貢献していけたら何かが変わっていく気がするな。バングラデシュもまだまだこれから成長していく国。今後が楽しみな国の1つになった。
ストリートチルドレン エクマットラ バングラデシュ 世界一周 旅 ブログ

今回、お世話になったNGO団体の代表を務めていらっしゃる方は【渡辺大樹】さん。学生時代に試合で訪れたタイのプーケットでスラムの光景に衝撃を受け、大学卒業後最貧国の一つであるバングラデシュへと単身で渡ってきたというパワフルな方。実際にお会いすることはできませんでしたが、今回は奥様のまえさんに色々と教えていただきました。まえさんも旦那さん同様パワフルでチャーミングな素敵な方♡急なお願いにもかかわらず、快く引き受けてくださりありがとうございました。
また、今回撮影を行っていた方はまみさん。旦那様のお仕事でバングラに来ているそう。偶然、金丸さんのブログでみていた方だったのでビックリ。

お二人ともう少しお話ししたかったけど時間がなかったので今回はバイバイ。

またどこかでお会いできたらいいな。お二人とも本当にありがとうございました!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界一周ぶろぐ村へ。

いつもクリックありがとう!!

ブログを応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です